墓じまい・改葬

墓じまい・改葬とは

「田舎にあるお墓の維持が大変で…」
「お墓の跡継ぎがいないから、どうにかしなきゃ」
「親族のお墓が多すぎて管理が続けられない」

お寺では、このようなご相談をよくいただきます。お墓を守る人がいなかったり、お墓が遠かったりという理由で、お墓参りが途絶えてしまう。そうして、お墓が放置されて無縁仏となってしまうのは大変悲しいものです。

お墓に関しては分からないことが多く苦労されることが多いかと思います。そのようなお悩みのお力になりたいと思い、お坊さんが作った社団法人「恩送り」では墓じまいや改葬のご依頼を承っております。

墓じまいとは、現在のお墓を整理してご遺骨を別の場所に移すことです。そして、ご遺骨を新しいお墓にお引っ越しさせることを改葬と言います。なお、改葬ではお墓や納骨堂、永代供養墓などにご遺骨を移すことになり、散骨・粉骨や手元供養とする場合は改葬にあたりません。

そもそもお墓を撤去するなんて大丈夫なのかと不安に思われるかもしれません。しかし、ふるさとを遠く離れて暮らす核家族化が進み、永代供養や合祀に対する理解が深まっている現代、墓じまいや改葬はごく一般的に行われています。お墓を撤去するのは申し訳ないからとお墓を残し、維持や管理がずさんになってしまうよりは、お近くにご先祖さまのご遺骨をお引っ越しいただき、いつでも供養できる状態にした方が、皆さまも安心いただけるのではないでしょうか。

ただし、お墓の中にあるご遺骨を勝手に移動させることはできず、自治体から許可を得るなど特別な対応が必要になるのでご注意ください。ここからは、墓じまいや改葬の手続きについて分かりやすくご説明いたします。

分からないことや不安な点がございましたら、恩送り事務局までご遠慮なくお問い合わせください。親身になって相談に乗りますので、何でもお聞かせいただければと思います。

墓じまい・改葬のやり方と流れ

墓じまいや改葬はどのような手順で行うことになるのでしょうか。順を追ってご紹介いたします。

1.相続人や親族に相談する

まずは、相続人や親族に墓じまいの相談をすることが大切になります。先祖代々続くお墓をお引っ越しさせることに抵抗を感じられる親族がいらっしゃる可能性もあるので、無断で墓じまいすると後々トラブルになってしまうかもしれません。

なぜ墓じまいをしたいのか。どこにお墓やご遺骨を移動するのか。この2点をていねいに伝えていただき、皆さまの想いを尊重して、どうすべきかを決定しましょう。

2.お墓がある寺院や霊園に相談する

できるだけ早めに、お墓がある寺院や霊園に墓じまいの予定を相談しましょう。その際、一方的に通告するのではなく、あくまで相談するという気持ちで話を切り出すことが大切です。長年お墓を預かり供養してくださった寺院や霊園ですので、感謝の気持ちをもってお話するようにしてください。

寺院側からすると、檀家を失うことになるので少なからずダメージはあると言えますが、墓じまいせず放置されるお墓が増えているという悩みも抱えています。無縁仏になってしまうのであれば、しっかりと墓じまいしてご供養いただくほうがいいと考えるお寺も多くあります。墓じまいの理由や背景をていねいに説明し、理解を得ていただければと思います。そうして、埋葬されているご遺骨1体につき1通の「埋葬証明書」を寺院・霊園に作成してもらいます。

3.ご遺骨の改葬先を決める

ご遺骨の改葬先をどうするかを決めましょう。新しいお墓を建てるのか、永代供養墓に合祀するのか、手元供養など別の方法にするのか。ライフスタイルや費用面など、ご状況に応じて適した移転先をご検討ください。どのような形であっても、供養したいというあたたかい思いはご先祖さまにしっかりと通じるものだと思います。移転先が決まったら、移転先の寺院や霊園に「受入証明書」を発行してもらいましょう。

恩送りでは、宗派や国籍を問わずどなたでも安心してお入りいただける「合同供養墓(樹木葬)」をご用意しております。お墓のセーフティネットとして、志を同じくする僧侶有志がお金を出し合い、多方面から寄付を募りましたので、かかる費用は永代供養代の2万円のみとなっております。納骨後も年に2回の合同供養祭を実施し、僧侶が責任をもって供養させていただきますのでご安心ください。

また、恩送りでは安心して管理をお任せいただける、信頼できる霊園墓地をご紹介しております。お墓から永代供養まで幅広くご紹介できますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

4.改葬許可証を発行してもらう

元のお墓がある市区町村の役所で「改葬許可証」を発行してもらいましょう。発行に必要な「改葬許可申請書」はホームページからダウンロードできる場合もございますので、事前にチェックしてみることをおすすめします。

改葬許可申請書は自治体によって書式は異なりますが、基本的には申請者および改葬する故人の本籍や住所、生年月日、死亡年月日などを記入することになります。お墓が寺院にある場合は過去帳に記録されていることもありますので、不明な点は一度尋ねてみてください。なお、本当に分からない情報は「不明」と記入しても問題ありません。

書類の記入が終わったら、元のお墓の管理者から署名と捺印をもらいます。すべて記入された改葬許可申請書を役所に提出したら、「改葬許可証」が発行されます。

5.墓じまいする

墓じまいは併願供養、お墓の撤去、ご遺骨の移動、元のお墓の区画整備を行う必要があるので、その対応をしてもらえる石材店に依頼しましょう。場合によっては、石材店は元のお墓がある寺院や霊園から指定されることもあるようです。

撤去した墓石は、移転先の寺院や霊園でも利用することができることがあります。墓石の移設ができるかどうかは、事前に確認することをおすすめします。

ご遺骨を取りだす際は、ご遺骨の数によって取りだし料が変化します。1体あたり1~5万円が相場となっていますが、古いお墓の場合は何体入っているか分からない場合があるかと思いますので、まずはご遺骨の数を確認しましょう。

お墓を更地にする際の費用は、墓石の大きさや数、お墓の区画面積によって大きく異なります。複数の石材店にお見積もりをもらい、比較検討することをおすすめします。

6.新しいお墓へ改葬する

移転先の寺院や霊園に改葬許可証を提出して、改葬を行います。新たにお墓を建てる場合は、ご遺骨を納めた後に開眼供養などの法要を行います。その際のお布施は、通常の法要と同じく5~20万円程度が一般的とされています。

以上で墓じまいと改葬は無事完了です。手続きや関係者が多く分かりづらい点も多いかと思いますが、不明な点は恩送りまでお気軽にご相談ください。分かりやすくていねいにお伝えさせていただきます。また、改葬先としてご検討いただけるお墓の紹介もさせていただきます。

墓じまいと永代供養の違い

墓じまいについて検討されている方は、「永代供養」ということばもよく目にすることかと思います。一見似ている2つのことばですが、どのような違いがあるのでしょうか。

まず「墓じまい」とは前述したとおり、お墓を撤去してご遺骨を別の場所に移すことです。墓じまいをした後は、寺院や霊園に永代使用権を返還してお墓を更地にします。お墓の跡取りがおらず管理を維持できなくなるという場合や、お墓の場所が遠くお参りできないという場合に墓じまいを行い、無縁仏となってしまうことを防いで、親族が供養を続けることになります。

簡単に言い直すと、今までお世話になったお墓との関係に一区切りをつけ、新しいお墓にお引っ越しすることが墓じまいと言えるでしょう。今まで受け継いできたお墓を無縁仏にしたくない。子孫にとってお墓の維持が負担にならないようにしたい。そのような思いが込められたものです。

一方「永代供養」とは、ご遺骨の供養や管理を寺院・霊園に引き継ぐことです。身寄りのない独身の方や子どものいないご夫婦など、お墓の管理を任せられる人がいない場合に助かる供養の方法となります。

一定期間の後に他のご遺骨と合祀されることになるため、無縁仏となる心配がありません。また、寺院や霊園が責任をもって供養を続けるので、死後にご遺族の手を煩わせることもなく安心いただけます。

永代供養は納骨堂や樹木葬などさまざまな形式があり、ご遺骨を安置する場所の上に美しいモニュメントが建立されていることが一般的です。お墓に対する価値観の変化や家族構成の変化から、永代供養の需要は年々増えております。

墓じまい・改葬の費用について

1.お布施

墓じまいの際に行う閉眼供養でのお布施は、1回分の法要の相場である5~20万円程度が一般的となっています。

2.離壇料

寺院にお墓がある場合、墓じまいは檀家をやめることになりますので、今までお世話になった感謝の気持ちを込めてお布施をお渡しすることが多いです。あくまでお礼なので、お気持ちをお包みいただいたので問題ありませんが、一般的には5~30万円が相場となっているようです。

なお、離壇料に関しては残念ながらトラブルとなるケースが多く見られており、「離壇料を払わないと墓じまいさせない」など脅迫まがいなことを告げられることもあるようです。法外な離壇料を請求されるなどトラブルが発生した場合は、弁護士や石材店、宗派の総本山などに相談し、第三者に入ってもらった上で対応いただくことをおすすめします。

3.お墓の撤去費用

お墓の撤去には20~30万円程度必要になることが一般的です。内訳は以下になります。

区画を更地に戻す費用:5~15万円/1平方メートル
遺骨の取り出し費用:1~5万円/ご遺骨1体あたり
墓石の運搬費用:10~100万円(大きさや数によって異なる)

石材店によって見積もり金額は異なりますので、複数の石材店からお見積もりをいただき、比較検討することをおすすめします。

4.改葬先での納骨費用

改葬先で納骨する場合、ご遺骨1体あたり1~5万円程度が必要になります。新たにお墓を建てる場合は、墓石の大きさや種類によって異なりますが50~300万円程度かかるでしょう。寺院や霊園でのご遺骨の管理には年間1~20万円程度かかるケースが一般的で、都市部の方が高くなる傾向があります。

恩送りでは、墓じまいや改葬についてのご相談を何でも承っております。改葬先のお墓については、永代供養や納骨堂、手元供養などライフスタイルやご状況に応じてさまざまな形式をご提案させていただきます。費用面に関しても柔軟にお伺いすることができますので、ご心配な点がございましたら、恩送り事務局までご遠慮なくお問い合わせください。

お問合せはこちら
〒171-0032 豊島区雑司が谷3-7-1-1F
恩送り事務局
TEL:03-6907-0137